給食のご紹介

小さな子ども達にとって大切なことは3つ。たくさん遊んで、たくさん食べて、たくさん寝る!
そのひとつ『食べる』ことは、子ども達の成長と、強い体を作る上でとても大切です。
当園では、以下のことに留意して、子ども達の『食』を支えています。

ねらい

「色々な食材」を「薄味」で「楽しく」、「自分」で「よく噛んで」食べる

取り組み

  1. 安全第一
    食物アレルギーへの対応には特に留意します。原因となる食材を除去するだけでなく、同等の栄養が取れるもので代替することで、子ども達が摂取するエネルギーに不足がないようにします。
    野菜、魚や肉は産地が解るもの、特に地元や国産の食材を最大限に利用。その他の食品や調味料も、無添加、無着色のもので、体に優しいものを選んでいます。
  2. 素材の味を活かす
    当園の給食は〝和〟の味が主。調理室の朝は、鰹節からだしを取るところから始まります。
    小さな子ども達が食べられる食材は限られていますが、その中でなるべく多くの食材を使用し、食に関する嗜好や興味が広がり深まるように、食材本来の味や風味を十分に活かす調理方法で提供しています。
  3. 食べる楽しさを
    食べることが好きな子どもは、何に対しても意欲的です。特に行事食では、テーマを決め、見た目にも楽しく、驚きと発見が得られるように工夫しています。
  4. 発達を促す
    咀嚼や嚥下機能、食具の使用など発達を促すことができるように、食材の種類や調理方法、提供方法を、保育士の先生方と一緒に相談しながら、段階的に、継続的に援助していきます。
  5. 食育「お手伝い保育」
    子ども達の食への興味や意欲を育てるため、鰹節けずり、ピーマンの種とり、切り干し大根づくり、よもぎのすりつぶし、さやいんげんの筋とりなど、給食に使う食材で自分達ができるお手伝いを行い、食材の名前、感触、匂いなどを体感させていきます。

給食写真

通常食

離乳食

行事食

おやつ

献立例


>> 献立例PDF

給食とおやつ

当園の給食とおやつは、管理栄養士が献立を作成し、自園調理にて提供致します。

離乳食について
0歳児は5ヶ月頃より離乳食をはじめ、家庭と職員が進み具合を相談・確認しながら進めていきます。
給食で使用するコップ、食器などは園のものを使用しますが、必要に応じて、マグやストローなどをご持参頂く場合がございます。
食物アレルギーの対応について
当園の給食は卵を使用しない献立となっています。小麦、牛乳、その他の食物アレルギーに関しては、原因食材を除去するだけでなく、代替食材を入れた代替食にて対応致します。但し、アレルギーの種類が多く、給食で対応できない場合は、お弁当を持参して頂く場合がございます。

食物アレルギーを持つお子さまに関しては、医療機関で受診して頂き、主治医指示記載の「保育施設におけるアレルギー疾患生活管理指導表(食物アレルギー、アナフィラキシー)」のご提出をお願いいたします。
その上で、「食物アレルギー対応給食申請書(新規・継続)」を記入の上、ご提出ください。